すっかりブログを書けずにいました。
実は只今、次女の大学受験真っ最中です。

何もできないのに、まるで自分が受験生のごとくテンパっております。

次女はわたしと同じ美術系の大学に進むべく受験勉強に励んでいます。
お恥ずかしながら、現在理系の大学生の長女のしていた受験勉強はもはや彼女が高一の頃から、わたしには宇宙のものでした。
だけど、次女のことは見てわかってしまう!習熟度もわかってしまう!
これが最初の頃は楽しく、同じ話が出来ることが嬉しかったのですが、そのおかげで次女の受験勉強に気持ちまで入り込んでしまって、前述の「まるで自分が受験生」になってしまいました。とほほです。

話しは逸れますが、そんな状態のわたしに次女の受験の事を訊く方がいます。
大抵は心配して、応援の気持ちがあってですから、訊いてくる方に対しては包み隠さず、その方が知りたいだけの情報をお知らせしています。応援してくださる言葉はとても励みになります!
ありがとうございます!

ですが、時には、
「その志望校はズバ抜けて優れた人しかいけない」とか、「なにがしたいの?」とか、「その志望校は無理だ」とかお説教まがいのこを言う人がいます。
どうしてそんなことを言う必要があるのでしょう?
チャレンジをしたことがありますか?
18そこそこで将来なにがやりたいかハッキリと見えていましたか?
興味本位も大概にしてください。
次女とは何度も話し合い、覚悟を決めて、志望校を決めました。大変な茨の道です。なにも訊かず、言わず、そっとしておいてください。
ただ、そういう方はわたしのブログなど読んでいないと思いますが…。

第一志望入試はいよいよ3日後!
今ある全ての力を出し切れるますように!
がんばれ!受験生!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)