神宮奉納花火大会

今は花火を打ち上げる場所が移動してしまったけど、昔は当時の実家のすぐ裏手だった。
花火の薬莢が飛んでくるほど近いから体に響くあまりの爆音に小さい子どもは大抵、終わるまで号泣。

花火の日には親戚や絵画教室の先生や友人達が大勢やってきて、いつも母が沢山ご馳走をこしらえた。
父は昼から嬉しそうにこの日のために用意してある、屋上に上がるためのスリッパやら、ビールを何ケースも準備して…

今はその実家も移転し、父ももうない。
懐かしい…。今はただただ懐かしい…。
また、いつか!

http://www.city.ise.mie.jp/hanabi/


伊勢志摩キャンペーン観光ナビさんより
https://m.facebook.com/iseshimacampaign/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)