Galette des rois 1996

今年もよろしくお願いします!

《画像》パリ16区アパートの屋根裏部屋にて初めて食べたガレット デ ロワ

クリスマス、年末、お正月、
と思ったら、あっ、と言う間に七草も終わり、成人式。おめでたいこといっぱい♪
メリークリスマス*シュトレン&パネットーネ&X’masパンシュープリーズ*
あけましておめでとうございます*干支パンシュープリーズ&ガレットデロワ*
ご成人おめでとうごさいます*お祝いパンシュープリーズ*

…と、いつも年末年始は目が回りそうになるわたしです。
そこで今頃、新年のごあいさつとほほ、失礼します、

昨年もお世話になりました。
ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

新春!といえば!
わたしが一年で最も愛するお菓子!
Galette des rois ガレット デ ロワ♪
詳しくはこちらをご覧ください。Galette des rois

ガレット デ ロワは、フランスで始めて出逢った時から「いつか自分のお店を持てたら絶対にやろう!」と心に決めていたもののひとつです。余談ですが、もうひとつはパンシュープリーズ。
どちらもルボワがオープンから毎年作り続けています。
そして、今年で17回目のガレット デ ロワ。
実は近年、こっそり楽しみにしている事があります。
それは、お客さまの反応♪
17年前は喉がかれるほど必死に説明したガレット デ ロワでしたが、徐々にお正月のお菓子として認知され、本当は違いますが、いいのです心待ちにしてくださる方の数が毎年増えています。街でも作っているお店が増えて、認知度が上がっています。
今年はどれだけのお客さまが待っていてくださるのか!?
それが、年初めのわたしのお楽しみです♪
今年は予想を遥かに越えて、予定より早くフェーブが終了してしまいました。予定されていた方には本当に申し訳ございません。フェーブはフランスから輸入しているものなので、もう入りませんが、フェーブなしのものは今週末まで焼きます。
節分前に鬼に笑われそうですが、来春は今年の倍!焼く予定です!
お楽しみに!

初めてのガレットデロワパリ16区アパートの屋根裏部屋にて初めてのガレット デ ロワ
長女を妊娠9ヶ月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)